ようこそ!南野法律事務所HPへ!
トップページ > 取扱事件
取扱事件 記載されていない事案についてもご相談下さい。
取扱い事件一覧 交通事故 医療事故(患者側) その他、事故による損害賠償事件 離婚・子どもをめぐる問題 相続・遺言・遺産分割・成年後見申立 高齢者・障がい者に関わる問題 多重債務・破産・個人再生 法人や事業体の民事再生 取引先や顧客・競業者とのトラブル 解雇など労働に関すること 社会保険・社会保障に関すること 不動産に関する問題 その他一般民事事件 経営や事業承継をめぐるご相談 労災・過労自殺など
交通事故
交通事故被害者による損害賠償、後遺障害等級への異議申立て。
重度の障害だけでなく、比較的軽いといわれる障害の方々もご相談ください。
交通事故、特に重度障害や死亡事件、過失割合の大きい事件ではご自分で判断して保険会社と交渉することは危険です。必ず弁護士にご相談ください。
医療事故(患者側)
医療行為により後遺障害が残ったり、亡くなったとき、患者側でカルテ等の検討の結果、医療機関に責任があると考えられる場合は交渉や裁判によって賠償を求めます。
労災事故・過労自殺など
仕事で怪我をした場合の損害賠償の請求をする場合や請求を受けた場合の交渉や裁判等です。最近は過労死や過労自殺が労災と認められるケースが増えてきました。
離婚・子どもをめぐる問題
離婚の交渉・調停・裁判、離婚に伴う財産分与、年金分割、慰謝料請求などと、離婚までの生活費(婚姻費用)、養育費、親権、子との面会などを求める事件です。
相続・遺言など
遺産分割の交渉・調停、遺言書の作成や不公平な遺言への遺留分の主張、遺言執行、相続放棄、その他。
高齢者・障害者に関わる問題
親のお金を子のひとりが使ってしまう、認知症の親や精神障害・知的障害の子の資産を騙し取られるなどの事態を防ぐため、成年後見の申立てをすることができます。その他高齢者への悪質リフォームや先物取引、詐欺商法、その他年金のことなどもご相談いただけます。
多重債務・破産・個人再生
サラ金やクレジット等の多重債務で返済に困っておられる方へ。任意整理・破産・民事再生で無理なく、生活の再建ができます。
要件に合えば、破産や民事再生でも退職金や家屋を残しながら債務整理をすることもできます。

将来の退職金を残したい:
破産の場合も個人再生の場合も、現時点で退職した場合の退職金予想額の8分の1を準備していただき、債権者に支払うことで将来の退職金を残すことが可能です。 ご相談ください。
家を残したい:
個人再生は、住宅ローンの残っている居住用の家を手放さずに申し立てることが可能です。この場合、住宅ローンは支払を継続し、その他の負債のみを減額してもらうことになります。(但し、ローン残額が催少の時はむずかしいこともあります)
法人や事業体の民事再生
事業を経営している個人や法人で、採算は取れているのに、過去の債務の支払が経営を圧迫して事業の継続が困難になっている場合は、民事再生手続をお勧めします。
民事再生手続が認められると、現在の事業経営に必要な債務は支払いながら、過去の債務を減額したり、分割返済としたり、また一定期間棚上げするなどの方法があります。
取引先や顧客・競業者とのトラブル
売掛代金や請負代金の回収ができないとか、取引先からの不当な要求があった、その他、不正競争、手形・小切手の取立て、その他。

経営をめぐるご相談
事業経営をめぐって親族間や相続によるトラブルがあるとき、その他経営をめぐるあらゆるご相談をお受けします。
外国との取引事件等についてのご相談は得意としませんので、適任の弁護士を紹介させていただきます。

労働に関すること
解雇、賃金不払いなど、雇用から発生する、経営側、労働側、双方のあらゆるご相談をお受けします。

B型肝炎給付金の請求
B型肝炎の持続感染者のうち、昭和23年から昭和63年までの間に受けた予防接種やツベルクリン検査等の集団予防接種等の際に注射器が連続使用されたことが原因でB型肝炎に持続感染した方々に対して、
病態(病気の状態)に応じて最大3600万円(死亡・肝がん・重度の肝硬変の場合)の給付金を支払うとの制度があります。
 
内縁に伴う社会保険や退職金等の手続き
内縁に伴う社会保険や退職金等手続きについてのご相談をお受けします。
その他一般民事事件
上記以外に不動産、借地借家、保証、金銭貸借その他民事事件一般のご相談をお受けします。

ページトップへ